秦叔宝

秦叔宝(生年不詳 - 638年)は、一般の兵卒から将軍にまで出世した人物。戦うたびに傷だらけになって振り切った猛将。何度も主君をかえるが、時の主君にはそれぞれ忠義を尽くしている。本名は秦瓊という。叔宝はあざな。 隋の将軍の来護児のもとで活躍し、出世する。 のち、隋の張須陀にしたがって流賊を討つ。張須陀が戦死すると裴仁軌の配下となり奮…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

麻生首相の発言

麻生首相が問題発言を繰り返して、身内からも文句を言われているようです。 「医師におかしな人が多い」とか言い出したり・・・ 自民党を自壊させるためにわざとやっているようにしか思えません・・・ 配慮という概念が欠けているのかなぁ・・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

郭侃

(生年不詳-1277年) 元(モンゴル)につかえた郭侃という名将がいます。 金との戦いで活躍。 その後は西方(中東)にゆき、カシミールを平定。 ペルシア・イスマイル派の本拠地・アラムート城砦を攻略し、さらに周辺の城を全て陥落させる。 さらにはバグダットを攻撃し、アッバース朝第37代カリフのムスタアスィムを捕らえる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

門神 尉遅敬徳・秦叔宝

尉遅敬徳・秦叔宝は当の時代の武将です。2人とも、唐の凌煙閣二十四功臣のひとりに挙げられ、後世門神として信仰されました。 『隋唐演義』に登場します。 2人とも武将として優れていました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

漢詩を創ろう 桐山堂というウェブサイト

「漢詩を創ろう 桐山堂」というウェブサイトがあります。 僕も一人土也(名前を崩しただけ・・・)という名前で漢詩を送らせてもらっています。 お世話になっています。 どうすれば漢詩をつくれるのか、という具体的な話や、そもそも漢詩とは何かという話などがあってとても面白いです。あと自作漢詩を投稿することもできます。 「漢詩を創ろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小島晋治、丸山松幸『中国近現代史』を読んでます・・・  感想

小島晋治、丸山松幸『中国近現代史』の感想転載 昨日一昨日、小島晋治、丸山松幸『中国近現代史』という本を読みました。かなりコンパクトにまとめられていて読みやすかったです。現代史とはいっても、古い本なのでぎりぎり天安門事件のことまでが載っている、という感じでした。中国の近現代史は、否応なく日本の近現代史と関係してきます。日本が中国を侵…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

11月始まる。

11月、たくさん本を読みたいなぁと思います。最近読んだ本のことについて。もう1つのブログから記事を転載。 最近読んだものの中では、『海街diary2 真昼の月』 が凄く面白かったです。読む前からこれは面白いだろうと思っていて、そしてその予想通りという珍しい作品。あとは、『冷たい密室と博士たち』も予想ほどではないけど、まぁまぁ読み応…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三国志最強の武将

三国志最強の武将といえば、呂布だとよく言われます。 ぼくは曹操や、孫策といった人たちを挙げたいけどなぁ・・・ 一騎打ちの強さのことを言っているのか、それとも何か他の部分の強さを言っているのかによって全然違う結論になるけど。 でもやっぱり、戦争の強さが、決め手ではないだろうか、と僕は思います。 とすると、皇帝の一歩手前にま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春暁(孟浩然)

春暁 春眠不覺暁, 處處聞啼鳥。 夜来風雨聲, 花落知多少。 読み下し 春暁 春眠 暁を覚えず, 処処 啼鳥を聞く。 夜来 風雨の声, 花落つること 知んぬ多少ぞ。 意味 春の眠りは心地良いのでついうとうとしてしまい、朝になっても分からない、 耳を澄ますと、各所で鳥が鳴いているようだ。 昨夜から、風雨(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「読書メモ『新唐詩選』」について

「読書メモ『新唐詩選』」にも書いたのですが。この前、唐詩の本を読みました。面白かったです。でも、江雪(柳宗元)が載っていなかった気がするなぁ。 載せて欲しかったです。 まぁしかたないか。 もっとマニアックな漢詩が載っているものに手を伸ばしてみようと思います。 マニアックというか、もっと手広く全般的に載っているもの、というか。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

江雪(柳宗元)

江雪 千山鳥飛絶, 萬徑人蹤滅。 孤舟簑笠翁, 獨釣寒江雪。 読み下し 江雪 千山 鳥 飛ぶこと絶え, 萬徑 人蹤(じんしょう)滅す。 孤舟 簑笠の翁, 獨り釣る 寒江の雪。 意味 山々に飛ぶ鳥は消え、 全ての道に人の足跡が消えた。 ひとりぼっちの船に乗る蓑と笠をつけた老人。 雪がふる寒い川で、ただ一…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more