春暁(孟浩然)

春暁
春眠不覺暁,
處處聞啼鳥。
夜来風雨聲,
花落知多少。

読み下し 春暁
春眠 暁を覚えず,
処処 啼鳥を聞く。
夜来 風雨の声,
花落つること 知んぬ多少ぞ。

意味
春の眠りは心地良いのでついうとうとしてしまい、朝になっても分からない、
耳を澄ますと、各所で鳥が鳴いているようだ。
昨夜から、風雨(嵐)の音が聞こえていた。
どれだけの花が落ちたのだろうか。

鹿柴(王維)江雪(柳宗元)に続いての漢詩。
有名な漢詩。もうまったくもって、季節外れなのだけど。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック