三国志最強の武将

三国志最強の武将といえば、呂布だとよく言われます。
ぼくは曹操や、孫策といった人たちを挙げたいけどなぁ・・・
一騎打ちの強さのことを言っているのか、それとも何か他の部分の強さを言っているのかによって全然違う結論になるけど。

でもやっぱり、戦争の強さが、決め手ではないだろうか、と僕は思います。

とすると、皇帝の一歩手前にまでのぼりつめた曹操が最強ということになるのではないか。
うまく人材を集め、大きな痛手を負ったこともあったけど最終的にはほとんどの戦いに勝利。
数々の敵を排除していったところはみごとです。
名政治家・名将だと思います。

まぁ「誰が最強か」ということを論ずること自体がナンセンスという見方もありえます。
だって、曹操だって若いうちは、血気にはやってとんでもないことを仕出かしたりしたし、老いた後はやっぱり判断力が鈍っただろうし。
それを総合して評価なんて無理なはなしです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック