郭侃

(生年不詳-1277年)
元(モンゴル)につかえた郭侃という名将がいます。

金との戦いで活躍。
その後は西方(中東)にゆき、カシミールを平定。
ペルシア・イスマイル派の本拠地・アラムート城砦を攻略し、さらに周辺の城を全て陥落させる。
さらにはバグダットを攻撃し、アッバース朝第37代カリフのムスタアスィムを捕らえる。

十字軍とも交戦、百戦百勝で小アジアを平定。

その後は、中国の方へ戻り、内政をやりますが、そこでも優れていたという。
漢人が軽んじられた元軍の中で、大きな活躍をして出世。
そのため、漢人の誇りとされたそうです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック