門神 尉遅敬徳・秦叔宝

尉遅敬徳・秦叔宝は当の時代の武将です。2人とも、唐の凌煙閣二十四功臣のひとりに挙げられ、後世門神として信仰されました。
『隋唐演義』に登場します。

2人とも武将として優れていました。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック