『レッドクリフ(赤壁)』の諸葛亮は、金城武

今日は公開研の代休。なので学校はお休みです。これからは12月の音楽祭に向けて動き出していくことになりそうです。 日本では、中国史に残る名宰相・忠臣といえば諸葛亮がまっさきにあげられます。そんな彼が登場する『レッドクリフ(赤壁)』という映画をやるそうです。三国志が、映画になるのは久しぶりのことじゃないかなぁ・・・ 諸葛亮役は、金城武。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この頃は。。

この頃、中国の歴史とは関係ないことばかり書いています・・・ なんだかだめだなぁ。もう1回、中国の歴史のことに戻っていこうと思います。 まぁ学園祭・公開研が終わって、休みだらけになってきたので、それも出来そうです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国人

現在、中国人は主要民族である漢民族と55の少数民族から構成されている。全ての中国国民が国家に対して抱いているアイデンティティーを表現する場合は「中華民族」という言葉が使用される。 一般的なイメージとして、ユダヤ人と並ぶ「商売上手」とされることが多い。 (ウィキペディア) そうなんだ・・・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国の詩聖 杜甫

漢詩と歴史でさーっと漢詩の歴史について書きました。その中にも書いたのですが、中国史上、詩聖とよばれ、最もすぐれた詩人とたたえられることもある杜甫という人がいます。彼は、唐の時代に活躍した人です。 青年時代には風光明媚な各地を旅しました。大いなる志を抱く才気あふれた若者だったようです。けれど、官途を目指しながら不遇の日々を送ります。43…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

英雄について・・

田中芳樹は、中国の人たちは「英雄といえば岳飛」というのだそうです。 そして最強のジョーカーが岳飛らしいです。そうなのか・・・どこから手をつければいいのやら・・・ 岳飛からに岳飛のことは簡単に書いておきました・・ まぁ田中芳樹は、岳飛びいきみたいだけど。 でもやっぱり岳飛が凄いことにはかわりないよなぁ・・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

晩唐の李商隠

晩唐の政治家、李商隠。彼は漢詩人としても知られています。北宋初期に一大流行を見る西崑体の祖となったことでとても有名です。 暗示的で、象徴的、唯美主義的な詩をつくったことで、漢詩の世界では異質な存在として知られます。生きている間は、周囲から疎まれ続けました。評価されつつも異端視されたのです。 李商隠のあだ名は、獺祭魚はといいます。李商…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もうすぐ表現祭

自由の森学園ではもうすぐ表現祭というものがあります。 それのためにブログ更新ができなくなるかもなぁ・・・ やりたいとは思っているんだけど、まず本が読めない・・ 自森人 -自由の森学園の人-に詳しく書いていきたいと思っています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南宋の名将 狄青

南宋の時代に、狄青という武将がいました。彼は、一兵卒から叩き上げで将軍にまで出世しました。そのため民衆や兵卒からも愛されたそうです。西夏を討ち、儂智高の叛乱を鎮圧しました。ただし、優秀すぎたためか、朝廷の高官たちからは恐れられてしまい、一生監視つきだったそうです。 狄青は、兵卒の時代に脱走防止用のためにつけられた刺青がありました。…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

ちょうど秋は。

秋は、菊(重陽)や紅葉や満月といったものが綺麗で、しかも夏が終わり、冬が来る時期でもあります。 いろんな詩人が秋の漢詩をつくっています。 鹿柴(王維)も秋の漢詩です。 自由の森学園の風景
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鹿柴(王維)

鹿柴 空山不見人, 但聞人語響。 返景入深林, 復照青苔上。 盛唐の時代の代表的な漢詩人の1人、王維が書いた漢詩。かなり有名な詩だと思います。僕はこの詩がけっこう好きです。きれいだなぁ・・と思います。 読み下し 鹿柴 空山 人を見ず, ただ 人語の響きを聞く。 返景 深林に入り, また 青苔の上を照らす。 …
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

どうしても三国志に引き寄せられ・・・ 陳到・趙雲について

趙雲と並ぶほどの武勇と忠義を誇ると称された、陳到という人物が三国志には登場しません(正史には登場する)。どうしてなのかはいまいち分かりませんが、趙雲がいるからまぁ良いだろうということになったのかも知れません。 というよりそれ以前に、まず趙雲がそこまで凄い人物なのか、ということが疑問視されています。物語の中では、五虎大将軍の1人とし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三国志 牛金という人のこと

三国時代、魏につかえた牛金という武将がいます。三国志では端役扱いですが、史書のほうではけっこう凄い(というほどでもないが、それなりに)活躍をしています。なので今回はすこし、その牛金という人のことを、見てきます・・・  ①(赤壁の戦い後)曹仁の武将として300名の兵を率いる。そして攻め寄せた周瑜率いる呉軍6000人と戦い、追い詰めら…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more