テーマ:

春暁(孟浩然)

春暁 春眠不覺暁, 處處聞啼鳥。 夜来風雨聲, 花落知多少。 読み下し 春暁 春眠 暁を覚えず, 処処 啼鳥を聞く。 夜来 風雨の声, 花落つること 知んぬ多少ぞ。 意味 春の眠りは心地良いのでついうとうとしてしまい、朝になっても分からない、 耳を澄ますと、各所で鳥が鳴いているようだ。 昨夜から、風雨(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more