テーマ:歴史

秦叔宝

秦叔宝(生年不詳 - 638年)は、一般の兵卒から将軍にまで出世した人物。戦うたびに傷だらけになって振り切った猛将。何度も主君をかえるが、時の主君にはそれぞれ忠義を尽くしている。本名は秦瓊という。叔宝はあざな。 隋の将軍の来護児のもとで活躍し、出世する。 のち、隋の張須陀にしたがって流賊を討つ。張須陀が戦死すると裴仁軌の配下となり奮…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

郭侃

(生年不詳-1277年) 元(モンゴル)につかえた郭侃という名将がいます。 金との戦いで活躍。 その後は西方(中東)にゆき、カシミールを平定。 ペルシア・イスマイル派の本拠地・アラムート城砦を攻略し、さらに周辺の城を全て陥落させる。 さらにはバグダットを攻撃し、アッバース朝第37代カリフのムスタアスィムを捕らえる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

門神 尉遅敬徳・秦叔宝

尉遅敬徳・秦叔宝は当の時代の武将です。2人とも、唐の凌煙閣二十四功臣のひとりに挙げられ、後世門神として信仰されました。 『隋唐演義』に登場します。 2人とも武将として優れていました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三国志最強の武将

三国志最強の武将といえば、呂布だとよく言われます。 ぼくは曹操や、孫策といった人たちを挙げたいけどなぁ・・・ 一騎打ちの強さのことを言っているのか、それとも何か他の部分の強さを言っているのかによって全然違う結論になるけど。 でもやっぱり、戦争の強さが、決め手ではないだろうか、と僕は思います。 とすると、皇帝の一歩手前にま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どうしても三国志に引き寄せられ・・・ 陳到・趙雲について

趙雲と並ぶほどの武勇と忠義を誇ると称された、陳到という人物が三国志には登場しません(正史には登場する)。どうしてなのかはいまいち分かりませんが、趙雲がいるからまぁ良いだろうということになったのかも知れません。 というよりそれ以前に、まず趙雲がそこまで凄い人物なのか、ということが疑問視されています。物語の中では、五虎大将軍の1人とし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三国志 牛金という人のこと

三国時代、魏につかえた牛金という武将がいます。三国志では端役扱いですが、史書のほうではけっこう凄い(というほどでもないが、それなりに)活躍をしています。なので今回はすこし、その牛金という人のことを、見てきます・・・  ①(赤壁の戦い後)曹仁の武将として300名の兵を率いる。そして攻め寄せた周瑜率いる呉軍6000人と戦い、追い詰めら…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

孟キョウという人のこと

孟珙という南宋の時代の人物を、陳舜臣という作家が取り上げています。その孟珙という人は、金・モンゴル帝国と戦い、南宋を守り抜いた名将です。南宋の防衛戦をになったといわれます。政治家としても優れていたそうです。けっこう凄い人だなぁ・・・ と思います。 南宋時代の名将といったら、岳飛・孟珙といっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本がなくて困ります・・・

日本では、『史記』『三国志』『水滸伝』などの本が有名です。それで、春秋戦国時代(紀元前)や、三国時代、それと辛亥革命(近代・ 20世紀)等の時代がかなり脚光を浴びています。なぜかそのあいだあいだがすっぽり抜けています。どうして唐、宋、元、明、清といった中国の最盛期のことがほとんど知られていないのか。あと、南北朝や、五代十国といった面白い…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

中国歴史入門とは

気楽に、受験とかそういうことを気にせずに中国史を楽しもう、というブログです。中国史に名を残したあの人の名前を検索してみると、なんとウィキペディアにすら載っていなくて、困った! なんてことがあったりしてしょげかえりました。なので自分で中国史のことどんどん書いていきます。もちろん三国志だけではなくて、もっと広く、殷・周の時代から清の時代まで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more