テーマ:中国史

秦叔宝

秦叔宝(生年不詳 - 638年)は、一般の兵卒から将軍にまで出世した人物。戦うたびに傷だらけになって振り切った猛将。何度も主君をかえるが、時の主君にはそれぞれ忠義を尽くしている。本名は秦瓊という。叔宝はあざな。 隋の将軍の来護児のもとで活躍し、出世する。 のち、隋の張須陀にしたがって流賊を討つ。張須陀が戦死すると裴仁軌の配下となり奮…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

郭侃

(生年不詳-1277年) 元(モンゴル)につかえた郭侃という名将がいます。 金との戦いで活躍。 その後は西方(中東)にゆき、カシミールを平定。 ペルシア・イスマイル派の本拠地・アラムート城砦を攻略し、さらに周辺の城を全て陥落させる。 さらにはバグダットを攻撃し、アッバース朝第37代カリフのムスタアスィムを捕らえる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

門神 尉遅敬徳・秦叔宝

尉遅敬徳・秦叔宝は当の時代の武将です。2人とも、唐の凌煙閣二十四功臣のひとりに挙げられ、後世門神として信仰されました。 『隋唐演義』に登場します。 2人とも武将として優れていました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南宋の名将 狄青

南宋の時代に、狄青という武将がいました。彼は、一兵卒から叩き上げで将軍にまで出世しました。そのため民衆や兵卒からも愛されたそうです。西夏を討ち、儂智高の叛乱を鎮圧しました。ただし、優秀すぎたためか、朝廷の高官たちからは恐れられてしまい、一生監視つきだったそうです。 狄青は、兵卒の時代に脱走防止用のためにつけられた刺青がありました。…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

どうしても三国志に引き寄せられ・・・ 陳到・趙雲について

趙雲と並ぶほどの武勇と忠義を誇ると称された、陳到という人物が三国志には登場しません(正史には登場する)。どうしてなのかはいまいち分かりませんが、趙雲がいるからまぁ良いだろうということになったのかも知れません。 というよりそれ以前に、まず趙雲がそこまで凄い人物なのか、ということが疑問視されています。物語の中では、五虎大将軍の1人とし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三国志 牛金という人のこと

三国時代、魏につかえた牛金という武将がいます。三国志では端役扱いですが、史書のほうではけっこう凄い(というほどでもないが、それなりに)活躍をしています。なので今回はすこし、その牛金という人のことを、見てきます・・・  ①(赤壁の戦い後)曹仁の武将として300名の兵を率いる。そして攻め寄せた周瑜率いる呉軍6000人と戦い、追い詰めら…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

孟キョウという人のこと

孟珙という南宋の時代の人物を、陳舜臣という作家が取り上げています。その孟珙という人は、金・モンゴル帝国と戦い、南宋を守り抜いた名将です。南宋の防衛戦をになったといわれます。政治家としても優れていたそうです。けっこう凄い人だなぁ・・・ と思います。 南宋時代の名将といったら、岳飛・孟珙といっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

殷周春秋戦国秦漢三国晋五胡十六国隋唐五代十国宋元明清

さて10月が始まりました。これからは本格的にこのブログ(『中国歴史入門』)を書いていきたいと思っているのですが。まずは、中国の王朝全部を羅列してみます(漢字がたくさん並んでいるだけでも勘弁して!という方にはすまないのですが・・・) 殷周春秋戦国秦漢三国晋五胡十六国隋唐五代十国宋元明清 時代順に、国の名前を並べてみると下のようにな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もっと注目されるべき人物 墨子・許慎・張衡・劉知幾

僕が、中国史の中で、もっと注目されるべきと思っている人物を挙げていきます。武人だけじゃなくて、文人にもう少しスポットライトをあててほしいなぁ・・・面白い人がたくさんいます。 ●墨子 中国戦国時代に博愛主義を唱えた。 墨家の始祖。戦国時代、大きな勢力を築いた。 ●許慎 後漢時代の人。著書、『五経異義』『説文解字』『淮南鴻…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

中国の少数民族

中国にはいろんな民族の人が住んでいます。現在、中国による民族識別工作による分類によると55の少数民族が認められています(それに漢族をあわせて56民族)。よくニュースででてくるウイグル自治区のウイグル族もその1つです。 アチャン族(阿昌族) イ族(彝族) ウイグル族(維吾爾族) ウズベク族(烏孜別克族) エヴェンキ族(鄂温克…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古代中国の思想家たち

孔子(儒教の祖) 孟子(儒教・性善説をとなえた) 荀子(儒教・性悪説をとなえた) 老子(道教の祖) 荘子(道教の祖) 墨子(墨家の祖) 公孫竜(名家) 恵施(名家) 韓非子(法家) 騶衍(陰陽家)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本がなくて困ります・・・

日本では、『史記』『三国志』『水滸伝』などの本が有名です。それで、春秋戦国時代(紀元前)や、三国時代、それと辛亥革命(近代・ 20世紀)等の時代がかなり脚光を浴びています。なぜかそのあいだあいだがすっぽり抜けています。どうして唐、宋、元、明、清といった中国の最盛期のことがほとんど知られていないのか。あと、南北朝や、五代十国といった面白い…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

優れた宰相とは・・・

三国時代(3世紀)の諸葛亮、五代十国時代(10世紀)の馮道の2人は、後世の歴史家から対照的扱いを受けています。諸葛亮は忠誠の士として褒め称えられました。それに対して、馮道は「五朝八姓十一君」に仕えたことから、一般的に激しく罵倒されてきました(異端の歴史家といわれる李卓吾からは称えられているけど)。しかし、2人ともその当時の民衆から愛され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

馮道という面白い人

中国五代十国時代に、後梁を除いた五代王朝の全て(後唐・後晋・後漢・後周)に仕えたという面白い人がいます。馮道という人です。馮道が仕えた主君は「五朝八姓十一君」、合計11人です。後世の歴史者からは売国奴、変節漢と呼ばれることもありますが、その一方で多くの民衆を救ったことで、民衆からは尊敬されました。たとえば、遼の耶律徳光が開封に入城したと…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

諸葛亮は評価されすぎじゃないか

三国時代の英雄の1人としてよくあげられる諸葛亮。しかし近年、彼は優れた宰相ではあっても、決して優れた戦略家ではなかったのではないか、といろんな人が述べています。つまり政治は得意でも戦争は得意じゃなかったのではないか、ということです。確かに、彼は魏に対して5度くらい大きな戦争を仕掛けていますが、ほとんど領土を奪えていないし、負けたことすら…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

漢詩と歴史

中国には、漢詩というものがあります。漢詩はそれ自体が素晴らしいのですが、中国史を語る上でも欠かせません。春秋戦国時代には、古来から綿々と歌われてきたうたをまとめた、『詩経』を孔子など儒者が絶賛したためにそれらを学ぶことが士大夫など、上流階級の必須の教養とされます。その後、三国時代、魏の曹操、曹丕、曹植(三曹)といった文武にすぐれた権力者…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

参考文献

参考文献の一覧。このほかにも山のようにあるのですが、いまのところは手に入りやすい、と思われる自由の森学園の図書館と、地元の図書館にあるものを列挙しておきます。陳舜臣と田中芳樹がやたらと多いなぁ・・・ もう少し別の人のものも読まないとなぁと思います。宮崎市定の本は、けっこう面白いです。史実に基いてしっかりと書かれています。この前の、中国史…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国史名将列伝? の続き

中国史名将列伝?の続き・・ 五代十国時代 太祖(朱全忠)/荘宗(李存勗)/太祖(郭威) 李存審/狆師道 南宋・遼時代 太祖(趙匡胤)/狄青/楊業/楊延昭 耶律堯骨(劉徳光) 南宋・金・元時代 宗沢/岳飛/韓世忠/ウジュ(兀述)/楊沂中 孟珙/バヤン(伯顔)/オゴデイ(窩闊台) トゥルイ(&#…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

中国史名将列伝?

さていきなり岳飛などという一種マニアックなところから紹介が始まったブログ。だけどやっぱりもう少し、普通の人にもわかりそうな人たちのことについても触れてみるべきか、と思って1度中国史の名将の列挙ということをやってみます。三国志の人たちをえこひいきしないようにしたその時代の人は、ものすごく少ないです・・・ 周・春秋戦国時代 伍子胥/…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

どこから手をつければいいのやら・・・ 岳飛から

どこから手をつければいいのか、困ってしまいます。中国の歴史は4000年とも言われているので・・・ まあこれからは、まず各時代の英雄について挙げていこうかなぁ、と思います。田中芳樹という作家がいます。「どうして日本人は中国史というと三国志なのだ!」といろんな場所で書いている人です。僕は漢詩がけっかけで、中国史に興味を持つようになり、そして…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

中国歴史入門とは

気楽に、受験とかそういうことを気にせずに中国史を楽しもう、というブログです。中国史に名を残したあの人の名前を検索してみると、なんとウィキペディアにすら載っていなくて、困った! なんてことがあったりしてしょげかえりました。なので自分で中国史のことどんどん書いていきます。もちろん三国志だけではなくて、もっと広く、殷・周の時代から清の時代まで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more